大学病院へ行ってきました

【れんと】の場合・我が家の場合

及び飼い主の主観や記憶が曖昧

なことがてんこ盛りなので

ご了承くださいm(_ _)m





岐阜大学の動物病院へ行ってきました

片道200km弱3時間ほどのドライブ

隣の県なのに遠かった



10時前に診察室へ呼ばれ

担当のN獣医師に今までの状況を訊かれ

今日の検査内容に関する説明を受けました



ここできっぱり

「胸を開けることはしたくありません」

とN獣医師に伝えました

【れんと】の胸に

腫瘍らしきものが見つかって以来

ずっと悩んで決めたことです

飼い主として何が最善なのか

いまだに たぶんこれからも

分からないけれど

開胸手術は受けさせない

ことだけは決めました



これに対し獣医師からは

外科的処置が全てでも完全でもない

といったような内容の話があり

とにかく「腫瘍のようなもの」が

何なのか突き止めることとなりました



今日受けたのは CTおよび生検

IMG_3494.jpg

いつものことなんだけど

【れんと】は尻尾フリフリで

自ら検査室へと入っていきました

拒否して逃げるよりはいいんだけどね

なんか複雑な心境でした



病理検査の結果は1週間後

腫瘍が何なのか分かります

やはりフラットに多いあれかと・・・




一日一回ポチッといただけると
↓ ↓ ↓嬉しいです↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント