変わらずに

【れんと】の場合
飼い主の主観
曖昧な記憶
がてんこ盛りなので
ご了承くださいませ



1月11日 レントゲン撮影で

【れんと】の肺に影が見つかってから

2ヶ月以上経ちました



1月29日にCT&生検を行い

「肉芽腫性炎」の疑いあり

との診断



その後 「プレドニゾロン」を投与し

2月24に再度 CT&生検を受けたところ

腫瘍が少し小さくなっていましたが

結果は「組織球肉腫」でした

そして 3月6日に 一回目の抗がん剤

「ロムスチン」を投与しました



この腫瘍は 悪性度が高く

進行が早いため

発見後の生存日数が

短いと聞きました



最初に影が見つかった時点で

ある程度の覚悟をしたのですが

その後 なかなか診断がつかず

気持ちの整理がつかない日々が

続きました



でも今は 落ち着いています

その一番の理由が

【れんと】の様子が

今までと変わらないことです

よく食べ

よく遊び

よく寝る

よく笑い

甘えるし

文句も言う(笑)

病気を抱えているようには

見えないんです

忘れてしまうくらいです



このまま 変わらずに

と思ってしまいますが

それはまず望めないこと

でも その時がきたら

悩み考えるとして

今は 変わらぬ【れんと】と

楽しいことをして

穏やかに過ごしていこうと

思います





IMG_3790.jpg

外で日向ぼっこするのが大好き!



いつも同じような内容で

ごめんなさいm(_ _)m

こうやってブログに記録することで

気持ちが落ち着きます

同じ病気と闘っている

もしくは闘ったワンコたちの

ブログを見ることで

勉強になったり

励まされているので

わたくしのブログも

何かの参考になれば

嬉しいです




一日一回ポチッといただけると
↓ ↓ ↓嬉しいです↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんはれんとハウスさん
動物家族のみなさん。

病状の変化気になる所だと思います。
楽観的な事は言えませんが、今治すために
抗がん剤の投与をしています。
人間でも小康状態というものがあり、犬の
生体も同じ事が起こります。
現状何も言う事はできませんが、過去があり
今があり、未来があるから、今を大切にという
れんとハウスさんの言葉は私は大好きです。

よい未来につながるよう私は願っています。
れんちゃん文句はがまんせずいったほうがいいぞ!
自己主張自己主張/笑。。

Re: No title

>ふぁるこんさん

ありがとうございます
【れんと】は無言の自己主張
時には【ふぁう】より頑固です
その頑固さで 病気にも文句を
ぶーぶー言って欲しいです