あの日のこと

オウム真理教について

取り上げた番組を見ている



あの事件が起きた時

私は築地にある会社で働いていた

いつもは上野駅で日比谷線に乗り換えるのだが

その日は京浜東北線のホームに人があふれ

構内アナウンスで日比谷線が

不通であることを知った



そのまま有楽町まで行き

晴海通りを築地に向かって歩いた

おかしい車が全く通らない

初めて見る緊急車両が築地に向かって行く



すれ違う人に状況を尋ねると

「築地駅でガス爆発があったようだ」

と言われた

ガス爆発?それでこの状況??

そんなものじゃないと思い走り出した



仕事場に着くと一人出勤していた上司が

カメラを持って飛び出した

本社から状況確認の電話が鳴り響いたが

事態を把握できるまでに時間を要した



昼食を買うために毎日通った

築地本願寺周辺が

別の国の光景のように見えた

活気あふれる築地市場近くが

異様な空気に包まれていた

まるで野戦病院のようだった



あの時自分の目に映ったことが

時間が経つにつれ薄れていく

でも決して忘れてはいけない

私と同じ一人の人間と

その人間を信じた人々によって

引き起こされたあの日のこと

人間が人間に対して行った

決して許してはいけない行為



その記憶がたとえ薄れても絶対に忘れない



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント